車買取大手のアップルは実際どうなの?

bgi4bw
自動車なら何でも買い取りますという言葉が合言葉のようになっている自動車買取店業界ですが、実際には店舗ごとに得意とする車、断られる車というのものがあるらしいです。
特に商用車や中型・大型トラックなどは需要が限られてくるので、どの買取店もあまり好んで買い取ろうとはしません。
その傾向が顕著に出るのがトラック、トラックは乗りつぶす方向で考えている方の多く、買取店に運ばれてくるトラックはかなり距離も年式も進んでおり、もはや廃車寸前というものも少なくないのです。
そういう時は値段がつかないということで買取を断るわけですが、何でも買い取るといっている割には買い取らない車もあるのではないかと腑に落ちないこともあると思います。
しかし、アップルはそういった車もできる限り買い取ってくれるそうです。

見た目がボロボロでも走ることがわかればいいそうなのですが、果たしてアップルはそういったトラックをどうするのでしょうか。
実はアップルは回外へに輸出ルートを持っており、日本のトラックの需要が高い発展途上国などでその車を売る準備があるのです。
日本ではぼろぼろのトラックでも発展途上国では立派に職務を果たすことができるのです。
特に日本の自動車は壊れにくいということで人気があるそうですので、こういった需要があるからこそ本当の意味での「何でも買い取ります」につながるのでしょう。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です