ライバル車競合よりも武器になる値引き交渉術とは?

新車を購入する際、多くの方がディーラー側に値引きを求めるかとおもいます。

ですが、最近ディーラーはあまひ値引きを積極的に行ってくれません。
色々な要因はありますが、ただ安くして!だけでは、あまり通用しなくなってきています。

では、どのような交渉があるのか?
この時考えられる値引き交渉術は、オプション値引きとライバル車競合かと思われます。

オプション値引きは、車種に付属するオプションをなるべく多くつけてその分値引きしてもらうもの。

これも一定の効果はありますが、これでは購入金額がオーバーしてしまうので本末転倒になるかのがあります。

で、このオプション値引きよりも効果的なのがライバル車競合です。

で、す、が!

これも最近雑誌などでよく取り上げられて、ディーラー等も対応お手の物。
営業マンもプロですからね汗

よほどの交渉能力があれば話は別ですが…

そこで、ライバル競合を超える交渉術をご紹介します。
それは下取り!!です。

下取りと言われると当たり前のように感じられますが、下取りは下取りでも、下取りはしない!ということです。

実は下取り交渉はしない方が安く新車を買える可能性があります。

ディーラーは下取りで利幅を調整するので、下取りを勧めてきますが、あえてそれは断って買取専門店にもって行くことをお勧めします。

なぜなら下取りよりも買取のほうが断然高値で売れるからです。

買取専門店は買取した車をそのまま業者間オークションに転売するので、余計な手間が必要なくその分高値で買取してもらえるのです。

これこそが、ライバ車競合を上回る値引き交渉術といえます!

また、さらに言えばインターネット一括査定などを利用するとさらに高値で売れるかもしれないですね。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です